今ここからがスタートと思うと、毎日心が引き締まり新しい考えが生まれる

シェアする

今までの人生を思い出して、冷や汗が出る思いをすると気がある。

あの時はこうすれば良かった。こうすべきだったとか思い起こすと、後悔の念が湧き起こり、キリがない時があるもの。

特に暇なときなどが多いが、過去を後悔してもキリがないし、時間の無駄だと思うときもあるが、しょせん人間は中途半端なもの。

start-180323

完全な人など存在しない。完全な人は生まれ変わりをする必要がないと思うことにした。

逆に言えば 、自分はこれで良いと何の疑問もいだかず、そう思ったら、そこで成長は止まる。

だから「これからがスタート!」に切り替える心新たに再出発が出来ると思う。今、これから最高を目指そうと。

今考えてることも、次の瞬間には過去へとなる。常に「今」しかない。だから「今」は最高への、成功へのリハーサルとしょうと。

本番に向けて面白くなるのはこれからだと思い、未来に向けて自分の総ての力を出し切る胆力で向き合いたい。

人生にたいして真摯な態度で向き合うことにより、自分を越え たパワーが生まれ、常に新しい発想を生み出し、希望と勇気を与えられる。

我々は常に目に見えるものに振り回されている。それを変える為に知恵をしぼり、悩んだりもする。

わたしの場合は、悩まずに問題意識にして昇華することにしている。この際、自分で現実を創り出す方法が知りたくなった。

そして矛盾するみいだが、「解脱」がしたい。何の修業もせず、命を掛けるほどの「試練」にも遇わない自分が言うと僭越だが、自分なりに理論的に、今その方法論を掴みかけている。

今回は簡単に入り口だけ説明をすると、宇宙は 見えて認識できる宇宙である「明在系」と、真の実在である「暗在系」で出来ているという説がある。

暗在系とは、時間と空間と意識は完全に統合されていて、ここに情報の総てが織り込まれている。真のリアリティはここに存在する。

われわれの知る宇宙は「暗在系」の情報が顕在化したものだという。

因果律が「時空の法則」であるならば、共時律は「時空と意識の共時の法則」である。

そして共時律はシンクロ二シティという現象であり、通常、観測不可能な宇宙の根源である「暗在系」からの来るものかの知れない。

私がめざす「解脱」や「神との合一」とは「暗在系との接触」にあるのかも知れない。

その手段として「瞑想」や「カモワンタロット」などを勉強して、シンクロ二シティを通じて未来を知り、積極的にそれを操作して、世界を変えるを体験してみたい。(良い意

味で)

かつて古代の秘儀として密かに行われ、人が神へと至る道筋があった。夢は遥かに遠いかも知れないが、今ここからスタートしょうと思うのだ。

スポンサーリンク