宇宙の進化の方向に舵を取ろう!

シェアする

悔いなき人生を歩むために、正しい行動の選択をしていきたい。人生は選択の連続だが、朝起きてから、眠りにつくまでまさに選択の連続だと言えよう。

人間は無意識に自分の都合で物事を考えるが、正しい選択を実行すると、それが自然と「良き運命を運ぶ法則」に合致してくる。

space-evolution

正しい選択の実行とは、良心から湧き出る思いに反しないことが、結果的に自分の魂を汚さず~正しい方向に導かれ進化向上できる。

そしていつも自分の心を「積極的に生きる」という方向に決定した方が良い。つい惰性に生きやすいが、積極的に生きる方向に決定して、感謝と愛に満ちた言葉を使い、それに沿った行動を習慣ずけることである。自分の人生においては常に最高の運命を招きいれるように、心の態度を決定しよう!

人生に幸せの種を蒔かねば良き花が咲き~良き実が結ばない。

どんな花が咲き、どんな実がなったかは、自分が決定して行ってきた報いであり結果なのだから。

自分の意にそわないことがあると、普段素晴らしい言葉を言っている人でも、極端な話、心の底からムクムクと怒りの感情がわいてきて、相手に対してムショウに腹が立ち、今迄のことを全て悪い方に思い出して、何でも悪く思ってしまう場合がある。

恩人さえ悪人に変えることになる。感情的な主観でいっぱいになる。

怒ったり、悲しんだり、迷ったり、苦しんでいる姿は、人間なら自然に湧き起こる感情だが、それは自分側の都合が悪いと出る感情である場合が多い。それを正しく反省せず、己を省みず~ただ人のせいだとしている態度は情けなく、ましてや何時までもそれを引きずっているのは人間として情けないと思う。

かけがえの無い自分の人生を、運命を~暗黒の世界へといざない~自分で自分を崖から突き落としているようなものだ。

そんな気持ちでいるのは、自らの人生を地獄へと導いているのと同じなのだ。知らないとはいえ~勿体無いことをしていることになる。

人間は死んでから地獄へ行くのではない。生きている「今」の心の状態が地獄へ通じているから、死んでから地獄へ自ら進んで落ちていくに過ぎないのだ。例え地獄があるとしたら、自らが作り出し自ら選択した結果でありだといえる。

人は怒った時に本性が出る。優しい顔の下から鬼の一面が顔を出す。実はその本性が仕事をしているのだ。人生を創る仕事をしている。

運命は自分の本心からの決定で変えられる。本音が愛深く、積極的でプラス志向であるならば幸いである。天国の人である。

人間ならば断固として、決心した方が良いと思う。自分の感情をコントロールする方法は、自ら断じて積極的になると決心する事だ。

それで考え方や感情をプラスに変換することが容易になる。

「今」気迫をもって物事を正しい方向に考える決心をしょう~!言うだけなら誰でも言えるが、断固として明るい方に考えて、人の身になって考えてみて、本心から人を慈愛と許しの心で包み込めるように~

感情に翻弄されるのではなく、自ら積極的な愛の心で生きる決心をしょう。

それが人間が生まれて来て修行している目的なのだ。正しい宇宙の法則に合致させよう~。

スポンサーリンク