人生とは言葉で決まる。潜在意識にある魂の声に耳を傾けることで思いは実現する

シェアする

人柄や長所は自分で作り出すものだが、人の言葉によってもつくられるものだ。

特に幼い頃に受ける影響は多大なもので、人に褒められたり、認められたりしたときに触発されて、人の心に発芽して、大きな力を発揮する。善きも悪きも。

flower180319

私は小学性の頃は田舎で暮らし、内弁慶だったが、いざ学校では色んな村から集まって来ていたので、気負けしていて意気地がなかった。

そんな訳で、先生は褒めるところが無かったと思うが、取りあえず無難なところで、母に「あなたのお子さんはとても向上心があります!」と言ってくれたのだ。

先生ありがとう~~!子供心に希望に火が灯った瞬間であった。

”ヤッタ~!”その言葉の意味を、直感で把握した私は「人生を決めたー!」と思ったのだ。

そう!自分は「向上心があったのかー!」そうだったのかー!と思い込んで常に勉強した。とはいっても学校の勉強だけではなく、宇宙とか、人間とか、地球とは大自然はetc.

それが今まで続いて、勉強しまくり~。とはいっても自分が気になったものだけで、世間が評価するものではなく、世間の人が知らないと思われるものに興味が湧いた。

つまり真実の世界なのだ。見えている世界の奥に存在する何かがあるのか?子供の私に宇宙の本質や、神様の存在とか、宗教の本質が自然に解るわけでもない。

ただ集中的に想像した。そして成長するに従い疑問点を勉強した。今となっては、子供の頃の課題を追求した人生といっても過言ではない。

せっかく生まれて来たのだから、その目的を知らねば死ぬ訳にはいかないと思った。

その結果、未熟ながら色んな疑問点を課題として掴んでいった。いや知っている気になっている。私は生まれてきて幸せだと思っている。

少なくても自分の人生の課題と、使命が解った気になっている。そして本領発揮はこれから で、常に追求して学んで、実行していけたら最高だと思う。

心は大きくー!宇宙よりも広く~雄大で~透き通り、愛と調和は無限に優しく~深く~浸透して、智恵は次元を超えて、宇宙の叡智を取り入れて、古代の不思議を解読して、

神々の霊妙なる世界のテレパシーと、潜在意識にある魂の声に耳を傾けて、観応して全てを真実を見通す目を持ちたいと願う。”思うことは実現する”

それが「向上心がある」と先生から言われた言葉から生まれた私の連想の歴史である。私の場合は単純で純粋で極端だが、人の言葉は大切。言葉なしの人間生活は出来ない。

時には人から褒められただけで、能力がアップするのだ。人の長所だけを見て暮らして、できれば自分の長所だけを見て貰いたいと甘い考えが起こる。

先ず自分を褒めてみよう!そして人の長所を見て褒めてみよう!そこから自信パワーが漲り~本領を発揮できて、益々長所が伸びて人を活かし活かされ、好かれる人柄になれる。

でも悪口や批判や恐怖心を誘う言葉は無視して、反対の意味に受け取って変換しよう!だから全ての言葉を~喜びと、愛と、優しさと、思いやりと感謝に変換して喜ぼう!

悪く受け取って怒っても人生80年。悪い言葉からは真っ黒に濁ったオーラが出ている。それが周りの人々に影響して、暗く澱んだ雰囲気に変えて、悪いものを引き寄せ連鎖するのだから。

人生は長いようだが、永遠を生きる魂の時間から見ればごく一瞬で短い。良く受け取って喜んで幸せに~80年、いや100年を喜々として暮らそう!

年齢など関係ない。何があっても、どんな人生にするかは自分次第。自分を信じて励まして自信を持って生きよう~!

スポンサーリンク