自分から先に与えるとギブ&テイクが、ギブ&ギブになり豊かな気持ちになる

シェアする

通常は人間関係の基本はギブ&テイクが多いと思う。

「報酬-コスト=利益」として計算された、社会的交換理論である。ビジネスではお互いの取引が公平でなければ、長期的な信頼関係は築けない。

交渉はフィフティ・フィフティとされる。

恋愛なども、どちらかが一方的ならば交際まで発展しないし恋愛として成就しない。その上、相手からは自分が思うように想われたくて、好かれたくて、不安で悶々としてしまう。

これも交換 条件として、求める人間の弱さであり、自己愛からである。

morning-180326

通常の人間関係なども、「持ちつも持たれつ」の力関係で成立している。通常がそうでも、これでは計算が働き相手に利益を求めてしまう。

相互のバランスが丁度良ければ問題は起こらないが、そう理想的な関係であり続けることは、はなはだ難しいのだ。

そのため、人は自分の何かと交換してくれる人と付き合いたがり、交換あるいは利益を与えてくれる人を求めている。

互いに交換したいものが、一致しない場合も親しい付き合いに発展しないのが普通かと思う。

世の中には、利益になるような人には近づき、相手が利益をもたらして くれないと解ったらサッサと離れる人もいる。

人は元来利己主義のところがあり、自分のことを第一に考える人が多い。欲張りで自分の得だけを望んで楽をしたがる人もいる。

人から親切にされることを喜ぶが、人から何か頼まれると、損をする感じがして代償がないと動かない人もいる。

結局はテイク&ギブ、得か損かの計算が働くために、バランスがとれていない場合には、人間関係に不満が生じて破綻する場合が多い。

所詮テイクには、報酬を受け取るという意識が働きすぎて、先に与えるという考えが起こらず、自分の利益を優先したがるのが、最大の欠点だと思う。

これも目の前に見える物理的 な得を優先してしまう為に、自分から先に与えれば減るから損をするように判断している。

人間社会は、物欲の原理で動いている。だが心が豊かな人は、心で裕福になる。そうでない人の豊かさは一時的で、物理的な豊かさに過ぎない。

状態は常に移り変わり、同じところに留まっていることは出来ない。それは見えているわれわれの世界は実像ではない。

真実の世界の影の世界で、物欲との戦いであるこの世に於いて、心が貧しければ環境など物理的にも結果的には貧しくなるのだ。

自分だけが得をするためにテイクばかりを求めると、財産が増えたとしても、死んでもあの世にもっていけない。結局は富は逃げていく。

手前 に掬う水はあふれて、自分の手元から逃げ出して向こう側に行ってしまう。自分の手元に引き寄せたかったら、向こう側に押せば、必ずこっちに戻ってくる。

これが宇宙を貫く法則なのだから、ギブ&ギブならお互いに目的を果たせて、喜び合い満たされて満足するであろう。

相手が喜ぶともっと喜ぶ顔が見たくなり与えたくなるもの。与えた自分が嬉しくなり、相乗効果により一層喜びが大きくなり、心の世界から豊かな無限の豊かさが戻ってくる。

喜びの波動が波動を呼び、波紋が広がって、やがて波となって大きな至福の波が戻ってくる。

見返りだけを計算する貧しい心は、不満の連鎖となって自分の足元を危うくして、貧しさの連鎖 に落ち込んでしまう。

そうなるとイライラがつのり世間を呪い、人のせいにするようになる。この連鎖はチャンスがないと断ち切るのが大変になる。

人は絶望的なマイナスの体験をすることにより、何故なのかを気付くときが訪れる。何が大切なのかを。

人のと出会いや、良書との出会いなどをキッカケとして、人々は悩み苦しみながら、ひとつひとつ単純な宇宙のシステムを悟るようになる。頭ではなく、心・腹・魂で解るようになる時がくる。

人とのお付き合いは、ビジネスであろうが、家族であろうが、友達であろうが、すべてギブ&ギブでありたいと願うのである。

自分から先に相手の欲しているものを与える心 が尊いのだ。

利益は結果である。人が喜ぶことをして、人の利益を考えて、人の喜ぶ行動をしているだけで、気付いたら自分は見事に生かされるのだ。

スポンサーリンク