生かされている事に気付いて、大らかに素直に生きて幸せな境地になろう

シェアする

自分がボーと生きていた時、まあ今も違わないけど、世の中みんな賢い人ばかりに見えた時、急に戸惑いを感じた。生きていけるのかな~と不安になった頃があった。

普段の私はあまり考え事をしていない。何だかスーと抜けているような。明るく朗らかで大らかともいえるが、一言でいえば楽天家でラテン系。

しかし、回りの皆からパワーがあるといわれる。話だすとパワー全開となるようで、段々と話にも調子が出てくる。

flower-180324-4

自分ではわかってないが、女政治家のような感じで喋っているそうだ。言葉が次々と口から飛び出して、結論から話し出して、後は持論が踊りだす。

話の内容は壮大で分野が広いの特徴。真 実はひとつでも人間が理解するときは、分野ごとに細分化して教わって来たので、分けて記憶しているから。

それにしても、この世は素晴らしいと思う。天地自然があって、四季があり、色んな人がいて様々な生活があって、人を好きになり愛し愛されて、色んな物に囲まれて便利な世の中だし、健康だと更にラッキー。

自分の臓器がどこにあるか解らないくらいが健康。健康な時は内臓を意識していない時ともいえよう。生命のシステムは完璧なまでに働いてくれている。痛い所がひとつでもあると大変。

幸せな想いは、何をしても何時でも誰といても、幸せな体験を運んでくれる。何を食べるかと言うよりは、誰と何処で楽しく頂くかが重要なのだ。

一番幸せ者は、人の為に尽くせて、人に喜んで貰うこと。無償の愛を与える喜びほど素晴らしいことはない。

そして素晴らしい人と巡り合えること。愛を語り人生を語り合う人がいること。

人間は、天から奇跡の命を頂いて、愛の心を頂いて、慈悲の心を頂いて、頂くばかりでは申し訳ない。世の中にお返しをするのが筋というもの。誠の心でお返しをして喜んで貰おう。

昔聞いた、良寛さんの生き方が好き。小賢しい知恵を持たず、不必要な物に執着せず、自由自在に考えて聡明。

幼子のように純真で無垢な心で、人を認めて意見せず、賢さより大愚で生きて、人の良い所しか見ず、究極のプラス思考で無言で人の心と共鳴 して、悟りに至る道。そんな人になりたい。

ミクロの世界からマクロの世界まで、振動と循環を繰り返し、みんな助け合いで成り立っている宇宙。

弱肉強食で進化して生き残ってきたのは、ある意味本当だが、エゴや競争から生まれるものは破滅だけ。

「自分だけ良ければ」の世界は間違っているから、いつか滅びるだけ。我も良し人も良しで共存共栄で生き残ってきたのだ。

人間は色んな体験をしながら進化している。

愚かな戦争も、物欲ばかりを煽りたてる現実社会は夢まぼろしの世界なり。いつか夢から覚めた人類は、自ら選びとる真実の世界を。そのことに人生の意義がある。

過ぎたことには捕われず~見えてきた本質を掴み取ろう。「天にまかそう」「大いなる存在に生かされている」存在だから。今日も大らかに朗らかに笑って生きよう。愛する人のためにも。

スポンサーリンク